大正 8年 5月 「石井医院」創業(所在地:飯能市本町)
初代院長 石井 三郎
大正10年 3月 「石井病院」に機構・名称変更
昭和30年 9月 「飯能中央診療所」開業(10 床、現所在地)
初代院長 石井 泰彦
昭和32年10月 「医療法人 橘会」設立(20 床)
初代理事長 石井 泰彦
昭和36年 4月 看護婦宿舎(3階建)完成
昭和37年 4月 「医療法人橘会 飯能中央病院」設立(50 床)
昭和39年 6月 救急告示医療機関認定
昭和46年 6月 本館完成(125 床)
昭和47年 4月 「飯能中央総合病院」に名称変更
昭和50年 2月 石井 道子 理事長就任
昭和56年 4月 第二次救急医療機関指定
昭和58年 9月 永年救急医療協力の功績により埼玉医師会長より表彰される
昭和61年 6月 CTスキャナー設置
平成 6年 6月 「医療法人橘会 飯能中央病院」に名称変更
平成 7年 10月 峰田 喬臣 院長就任
平成 9年 9月 永年救急医療協力の功績により埼玉医師会長より表彰される
平成 9年11月 中西 克枝 理事長就任
平成11年 4月 永年救急医療協力の功績により県知事より表彰される
平成14年 3月
別館・放射線棟 竣工(第一期工事)
ヘリカル、CT・MRI、乳腺マンモグラフィ 設置
平成15年 1月 北本館 竣工(第二期工事)
平成16年 1月 全館 竣工
平成17年 8月 歯科・歯科口腔外科開設(別館3階改築)
歯科デンタル用MX- 60 N、歯科パノラマ用Hyper–X 設置
平成18年10月 全身用マルチCTシステム設置
平成20年 3月 無散鏡眼底カメラ入替導入
平成21年 1月 経口・経鼻両用内視鏡検査増設
平成21年12月 超音波診断装置増設
平成22年 5月 生化学自動分析装置入替導入
平成22年 8月 看護学生寮完成